忍者ブログ

Afternoon Tea

養護教諭を目指すクラシック音楽をこよなく愛す妄想人間のブログ

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久しぶりの登場です

久しぶりの登場で重い話をしようとしている響さんです。いつものことではあるんですけどね。でも、もっと楽しい話はできないものかと常々考えているんですよ、これでも

さて、今日の話題は、アダルトチルドレン(AC)です
専門的に定義された用語ではなく、単に概念として使われる言葉で、使う人によって意味合いがちょっとずつ違うのです。まぁ私はその手の専門家ではないので、一般的な認知から話をするに留まりますけどね

アダルトチルドレン(AC)とは、私、音羽響のためにあるような言葉で、というのは嘘で、端的には『子ども時代を子どもらしく過ごせなかった大人』というような意味を持った言葉です。元々はアルコール依存症の親を持つ子どもについて使われていた言葉らしいのですが、今はアルコール依存症を含め、機能不全家庭に育った子どもについていうという認知がされています。機能不全家庭と言えど、虐待から子どもを溺愛することまで含まれているので、幅広いですね。虐待は、身体的虐待なら周りも気付きやすいですし、機能不全家庭だっていうのもしっくりきますが、子どもを溺愛してて機能不全家庭と言われても、端から見れば親から愛されてて良いなぁという印象だったりするんです。これが落とし穴なんですけどね

ちょっと話が逸れそうなので軌道修正
アダルトチルドレンってどんな人かと言いますと、それはズバリ、私です
優柔不断で、いつも人に認めて欲しくていい子でいようと努力するし、否定されるのが怖い、自分の意見を主張できないし、いつも人の顔色ばかり窺って我慢する。著しく自己肯定感が低くていつも不安、そのくせして人には助けを求められずに全部自分でどうにかしようとする。人に何か言われてもNoと言えない
もちろんこれだけではないし、アダルトチルドレンといっても色々なタイプがあるので何とも言えませんけどね。でも共通してるのは、本来子どもではなく大人がすべきことをやってきたために、認知のずれからくる生き辛さを抱えているということです

我が家でACといってぱっと思い付くのは、やっぱり紗代先輩と依子先輩ですね。あとは華菜美様もその傾向はあるだろうなぁと思う
まなちゃんはものすごいいい子だけどACじゃないし…
あとは紗香先輩、くらいかなぁ。って主要メンバーのAC率が高い(笑)
まぁ作者がACなのでそうなるわけですし、ざっと見たところ、私に近そうなキャラがACであることからも私がACであることは想像に固くないと思われます

そんなACは、人を信頼するのが苦手で、親から無条件に愛された感覚がないために愛情の受け取りかたを知りません。常に「私を受け入れてくれるか」という不安と闘っていますし、愛情を注がれることが怖かったりします

きっと扱いにくいとか、付き合いが悪いとか、そう思われるタイプなんだろうと思います。ACは一緒に居たくない、そんな印象を持たれるんだろうなぁって思います

だけど、だからこそ、ありのままの自分を受け入れて欲しい、一人じゃないんだってことをちゃんと知りたいんです

前に親友に、

親に大切にされなくても、あなたのことを大切に思ってる人がちゃんといるから

って言われてすごく嬉しかったし、大学の先生には、

早く親と離れて自分の人生を生きた方が良いよ

って言われて、こんなことを赤の他人に言える人ってそうそう居ないから、すごく優しさを感じました
親に恵まれなかった代わりに、周りの人々に恵まれたんだなぁって熟思います

学校へ行けば先生や友人達が優しくて、丸ごと私を受け入れてくれるし、ちゃんと見ていてくれる。こんな私を見捨てずずっと仲良くしてくれる親友がいる

それが私の救いです

アダルトチルドレンは少数派ではないと言われています。「お姉ちゃんなんだから」や「お兄ちゃんはあんなにできたのに、あなたはダメね」と言われることで、子どもは傷付き、子どもの役割以上の役割をこなそうとします。そうすることによって、子どもらしく子ども時代を過ごせずにACになります。注意したいのはACは病気ではなく、性格の概念であるということです。ただ、ACの人はうつ病などの精神疾患を発症しやすいそうですし、もし発症したのならうつ病といった病気の診断が下りるわけなので、ACだからどうこうということはないわけです
難しいですね

まぁ先程挙げたACのキャラ達でも、紗代先輩は乗り越えるだろうし、華菜美様なんかは困らなさそうだけど、依子先輩は将来ちょっと辛いかもしれないと予想されます(笑)

はい、いつも通り何が言いたいのか分からなくなりました…

まぁ完璧な家族もなければ人間もいないわけなので、こうしちゃいけないとかは分かっててもできないのが本音ですね

そこで大切なのは、やっぱり礼儀でしょう

親しき仲にも礼儀あり

とはよく言ったものですね

先人の教えって大切です
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

つぶやき

私は人生のほとんどを音楽とともに生きてきたので、やっぱり音楽をやっている人は老若男女問わず応援したくなります
でも、やっぱり真に音楽をやっている人に限りますけどね。日本のプロのように仕事としてこなされてるのはちょっと違うかなと。そこが海外の演奏家との違いなのかもしれませんね
実力は伴わないのに、目と耳ばかり肥えてしまって、困ったもんです

Profile

HN:
音羽 響
性別:
女性
自己紹介:
これまでの人生の4/5を音楽とともに歩んできた、音楽をこよなく愛する養護教諭を目指す大学生
美しいものと美味しいものが大好きで常にそれらを探し回っています
趣味はピアノ、フルート、小説書き

New Entry

New Comment

[03/03 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[08/26 Yusuke]
[03/26 すとん]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Afternoon Tea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]