忍者ブログ

Afternoon Tea

養護教諭を目指すクラシック音楽をこよなく愛す妄想人間のブログ

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は先輩が出演されるということで、演奏会に出掛けてきました

メインはピアノとサックスの演奏で、曲目は全てがクラシック音楽でした。ピアニストもサックスの方もフランスの有名音楽学校を出られた方で、私も知っている方でした

その感想ですが…

サックス奏者の方々、本当に申し訳ありません
と、先に謝っておきます
本当に本当に率直な感想なので、申し訳ないのですが…

ごめんなさい
サックスでのクラシックはマッチしていないと感じてしまいました…

演奏された方は本当に上手で、素晴らしかったのですが、あの、キーを押さえたり離したりするときの、どうしても出てしまう音が、バコバコうるさくて…
いちいち大きな音で演奏中に入るのですごく気になりました
クラシック音楽って、音で遊ぶというより、音色とか曲の雰囲気重視なところがあると私は思っているので、そういう機械音がガツガツ鳴ってるのはちょっと…
素敵な楽器ではあるのでそれが勿体ないなってすごく思いました
だから、音遊びをするジャズとかはサックスのためにあるジャンルなんだろうなって、極論ですけど思いましたね

それから、私、フランス音楽がだめみたいです(汗)
今日のサックスステージのプログラムがフランス音楽のオンパレードで、ピアノはそうでなかったのですが、もう最初の曲の最初の楽章で、スピーカーをぶちっと切りたい感覚に教われました
フルート吹きでフランスダメって、相当致命的なような…

ロマン派がだめなんじゃなくて、フランス音楽がだめなんだって納得した矢先、ショパンもだめだということに気付いて更にショック…

まぁショパンが嫌いでもベートーヴェンやモーツァルトをはじめとする有名なピアノ曲は数多くあるので困りはしませんが、ちょっとレパートリー的に不利ですよね

世の中、というか日本ではピアノ曲と言えばショパンばかり

だから嫌いっていうのもあるんでしょうね


因みに先輩の演奏はとっても素敵でした
なんだか暖かい音色で、安心して聴けました。メインのピアノとサックスではなく、先輩の演奏が一番幸せな時間で、ちょっと申し訳ない(笑)

良い演奏家になるんだろうなぁって思いました
その時はファンとして追っかけしたいです(笑)

ピアニストさんは、フランス音楽のオンパレードだったところへ、ブラームスの演奏で、ほっとした記憶があります
ほっとしすぎて気付いたら最後という感じだったので、あまり印象には残っていないのですが、やっぱりピアノってすごい楽器だなぁと思いました

演奏会後は家庭教師へ

最新の学習指導要領が、改悪だってネットで言われてましたが、確かに理科は改悪かもしれません
教育のお話は思想が関わるのでやめますが…

今日は音楽な1日でした
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

つぶやき

私は人生のほとんどを音楽とともに生きてきたので、やっぱり音楽をやっている人は老若男女問わず応援したくなります
でも、やっぱり真に音楽をやっている人に限りますけどね。日本のプロのように仕事としてこなされてるのはちょっと違うかなと。そこが海外の演奏家との違いなのかもしれませんね
実力は伴わないのに、目と耳ばかり肥えてしまって、困ったもんです

Profile

HN:
音羽 響
性別:
女性
自己紹介:
これまでの人生の4/5を音楽とともに歩んできた、音楽をこよなく愛する養護教諭を目指す大学生
美しいものと美味しいものが大好きで常にそれらを探し回っています
趣味はピアノ、フルート、小説書き

New Entry

New Comment

[03/03 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[08/26 Yusuke]
[03/26 すとん]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Afternoon Tea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]