忍者ブログ

Afternoon Tea

養護教諭を目指すクラシック音楽をこよなく愛す妄想人間のブログ

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


フルートのトーンホールについて、色々と意見が飛び交ってるので、私も意見を述べたいと思います。

フルートのトーンホールには管体から引き上げてトーンホールをつくる≪ドゥローン≫と、トーンホールを別につくってハンダ付けする≪ソルダード≫があります

ドゥローンとソルダードのどちらがいいか、結論はどちらでもいいと思います。というのは、ソルダードは技術的なことから上位機種に採用されるわけなのですが、その多くは総銀製フルートの問題だからです。ゴールドは引き上げで作られることも多々ありますし、ムラマツのゴールドフルートはドゥローンだからです。アルタスでソルダードモデルがありますが…

私の印象ですが、ドゥローンはとても楽に吹けます。楽器も手に馴染む重さです。ふわっと柔らかい音がしますが、レスポンスは遅めです。レスポンスが早いという記述もありますが、息を入れてから音になるまでのタイムラグがあります。抵抗感とはまた違うのですが、鳴らしやすいからこそ気になる息の時間、とでも言うのでしょうか。でも吹奏感としては、息を入れた時の感覚としてはすぅっと入っていきますので、結構気持ちが良いです。とても吹きやすいので跳躍も楽にできるため、音を繋げるのは楽だと思います

対するソルダードですが、ソルダードは何といっても重いです。トーンホール分を馬鹿にできないほど重いです。ですから、当然息のパワーや量を必要としますし、抵抗感がはっきり感じられます。その代わり、芯と厚みのある音が出ます。ドゥローンのようなふんわりした音色ではなく、スカッと抜ける音がします。レスポンスはびっくりするほど早いです。最初はドゥローンモデルを買う予定で機種を選んでいた私なのですが、社長の計らいでソルダードも吹かせて頂き、最初に息を入れた瞬間にレスポンスの良さを感じて、現在のソルダードモデルを購入したのです。そのくらい息を入れた瞬間からスポンと音になります。でも、その独特の抵抗感から、跳躍は結構大変ですので、慣れないと余計な力が入りやすくなると思います

私は、パワーに自信があるならソルダードも良いのではないかと思います。音色もソルダードの方がしっかりと鳴りますし、上達してくればソルダードのレスポンスの良さには心が惹かれます。私もその一人です。ドゥローンとソルダードの違いはあまり分からないという人もいますけれど、私は結構分かると思うんですよね。聴いていたら分かりませんが、吹いたら分かります。それも、ピアノで吹いたときにその違いははっきりします。どちらが良いというのではなく、これはもう好みかなと思います。私はソルダードにピンと来たのでソルダードを使っていますし、ドゥローンは何となく物足りなく感じます。だから、もしまたフルートを買う時はソルダードにすると思います。でも、もちろんドゥローンだって優しいちょっと丸い音がしますので、これも魅力ですし、吹奏感が心地よいのは羨ましいところではあります
要するに自分に合った楽器選びをすることがとても大切ですが、トーンホールは気になれば気にすればいいと思いますし、別に良いなら省いていい項目だと思います

因みに、遠達性はソルダードの方がよいと聞くこともありますが、大きな違いはありません。ドゥローンだってよく届く音がする楽器もあれば、そうでない楽器もあります。トーンホールの違いというよりは、スタンダードモデルなのかハンドメイドモデルなのかによる違いの方が大きいと思いますよ。まぁ、スタンダードモデルでソルダードを採用している機種は、私の記憶ではなかった気がするので、相対的にはソルダードの方が遠達性が高いように思われる気がします。でもハンドメイド同士ならあとは個体差かなと思います

今の楽器を買うに当たり、当時現役だったサンキョウのエチュードと総銀製フルートを並べて試奏をしていた時のことです。一通り総銀製を吹いて自分の楽器を取り上げた時、あまりの軽さに思わずそのまま投げてしまいそうになりました。総銀製はそのくらいの重量があります。そしてそれがソルダードになると更にずっしり来ます。一番強烈なのは左手です。最初は支えるのに精一杯で指を動かして音程を取るなんて余裕はありませんでした。1時間休みなく構えていようものなら、人差し指の付け根の辺りが圧迫されて真っ赤になりましたし、痛かったですね。そんな買い替えの時のエピソードでしたが、本当にソルダードは重たいです。これ、すごく重要な要素だと思います

自分に合った楽器選びは、ブランドや他人評価の良し悪しではなく、自分が吹いていて吹きやすくて気持ちが良い、息の流れが自然に感じるものがいいと思います。抵抗感は程よくあっていいと思いますが、力を入れなければいけないような無理な抵抗感の楽器はやめた方がいいと思います

よく、ブランドで選んで買う人が見受けられますが(ムラマツやサンキョウなど)、それでも別に構わないと思うんですけど、楽器には相性というものがあることを忘れないで欲しいです。相性が悪いと、せっかく憧れの楽器を吹いてるのに全然ちゃんと音が出ない、きれいな音が鳴らないなんてことが起こります。相性の良い楽器だと、案外簡単に気持ちの良い音が鳴りますから、相性は大切です。メーカーブランドで選んでも良いですが、お遊びでも良いので別のメーカーを吹いて客観的な比較対象にすると良いです

サンキョウと相性が悪すぎて、サンキョウ使用のフルート奏者に、

サンキョウはそんな安っぽい音なんかしないんだけどなぁ
何でそんな音になっちゃうのかなぁ

って面と向かって言われました
相性が悪いとこうなります(笑)

かくいう私も、最初にアルタスを吹くまではムラマツかパールの二択でした。サンキョウは自他ともに相性が悪いことが分かっていたのと、ヤマハのお店なのにヤマハは最初から除外されて吹かせてもらえず、FMCは楽器の音色が私には強すぎてお経みたいと言われ…
どちらかというとムラマツの方が相性は良さそうだったのですが、如何せん音色がダークな上に私の芯の太さが強調されてしまって、店員さんも苦笑い、でもアルタスを吹いた瞬間、「これだ!」ってお互いに同時に反応したんです。今では、本当に皆さんに「すごく明るくてきれいな音色だね」って言っていただけて、ある程度様々なメーカーを吹いたからこそ、この出会いがあったんだろうなぁと思いました

因みにナガハラの18Kを吹かせてもらった時はあまりにもしっくりくるもので、店員さんが興奮してました(笑)
なかなかここまで相性のいい人はいないと褒められましたが、丁重に楽器はお返ししましたよ、当然ですが(笑)


結論、ドゥローンとソルダードは好みで選んで良いと思います
どっちが良いというのはその人と楽器との相性で決まるので、ドゥローンの方が良ければドゥローンがいいという評価になりますし、その逆も然りです。ある程度音が出せるなら自分の感覚を頼りに選んでください。分からなければブランドで選べば間違いありませんから、軽い気持ちで吹奏感を吟味して、大好きな相棒に出会える喜びを是非味わってほしいです
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

つぶやき

私は人生のほとんどを音楽とともに生きてきたので、やっぱり音楽をやっている人は老若男女問わず応援したくなります
でも、やっぱり真に音楽をやっている人に限りますけどね。日本のプロのように仕事としてこなされてるのはちょっと違うかなと。そこが海外の演奏家との違いなのかもしれませんね
実力は伴わないのに、目と耳ばかり肥えてしまって、困ったもんです

Profile

HN:
音羽 響
性別:
女性
自己紹介:
これまでの人生の4/5を音楽とともに歩んできた、音楽をこよなく愛する養護教諭を目指す大学生
美しいものと美味しいものが大好きで常にそれらを探し回っています
趣味はピアノ、フルート、小説書き

New Entry

New Comment

[03/03 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[08/26 Yusuke]
[03/26 すとん]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Afternoon Tea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]