忍者ブログ

Afternoon Tea

養護教諭を目指すクラシック音楽をこよなく愛す妄想人間のブログ

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最低賃金以下の職場ってみなさんはどう思うんでしょうか?
前にアルバイトしていたケーキ屋が最低賃金なんてアルバイトに払う必要ないって思っていたのか、最低賃金以下の給料しかくれませんでした。私は最低限の法律は守って欲しいし、しかも最低賃金違反してるくせに15分前から仕事をしろなんて言われて、ふざけんなって思ったのですが、それはいけないんでしょうかね
確かに世の中は理不尽ですよ。それに耐えられないといけないのは分かってるんですけど、限度ってものがありますよね。私にとっての限度は最低賃金違反しないだけなんですけど、これも我慢していなければいけなかったんでしょうか…

先日祖父母の家に行った時、

アルバイトだろうと何だろうと、15分前には行かなくちゃいけない。時間ぎりぎりに行くなんて言語道断、考えを改めろ

って言われました

母が、いつも時間ぎりぎりに行くからいけないって祖父母に言っていたみたいで、もう泣きそうになりました

私だって好きでそうしていた訳じゃないんだよ

最低限のルールも守れないで、アルバイトに誠意も見せないから嫌になっていただけ 最低賃金さえ守ってくれていたならこうはならなかったし、それを理由に辞めさせてくれていたなら嫌にならなかったのに

それでも「しょうがないでしょ」と鼻先であしらった母が信じられなくなりました
私がルールを守らないから最低賃金以下なんだと言わんばかり

今はちゃんと最低賃金を守っている職場だし、店長を始め、周りがちゃんと誠意をもって仕事をしていて、尊敬できる人がたくさんいて、30分前には行って準備してってやってるのにそういう話を持ち出して私を見下して…

「お母さん」って呼びたくありません

家で言葉を発したくありません

人間不信です

表面の悪いところだけを見て判断して周りに言いふらして傷つける
しかも本人に見えないようにこそこそと
母親のやることじゃない

私、絶対結婚しちゃいけない
結婚したとしても絶対子どもをつくっちゃいけない
こんな母親になってしまいそうで

愛されてないとか大事にされてないとか、そんな次元じゃないんですよ
私のことを嫌ってるのは知ってる 話しかけても適当な返事しかしないし、いつも私の意見を否定してくるし、私の存在全てが邪魔ってオーラ出してるし…

妹はいっぱいかわいがってもらえて、あの子の母親はあの人なんだろうなって感じるけど、私の母親って?

どんなに近づこう、理解しようと私が歩み寄っても絶対拒否してくる

もうこれからは「お母さん」って呼ぶのやめます
かと言ってどう呼ぶとかは決めてないんだけど

私は人間不信です
もちろんネットなんてもっと信用してませんけど

本音を言えば信じたい
こんな自分なんて消えてしまえば良いのにって思ってるけど、信じようとする度に、「本当に信じて良いのだろうか」って躊躇ってしまう

母親はもちろんだけど、最近は父親まで信じられなくなってきている
だからシスコンに拍車が掛ってるんだけど(笑)

学校の先生にだって心のどこかでは「どうせ…」って思ってますよ。ただ、向こうは看護師経験や養護教諭経験のある方々ですから少しは違うんじゃないかって期待はしてます。現にやっぱり人間として素晴らしい先生方ですし、その辺りは違います

やっぱり生身の人間に対峙するということは、表面を見て判断してはいけないということなんでしょうね。例え悪いことをしていても、それを悪いと注意するのは当然として、「こういうことをしてしまった理由ってなんだろう」と、その先を考えて接していかなければいけないだろうと思います。注意で終わってしまって、それだけで判断してしまえば相手を人間不信にさせる要因になる、だから先生方は「些細なサインも見逃さない観察力と正しい洞察力」って私達の耳にタコができるくらい言うんだろうなぁと理解しました

私はもう手遅れかもしれませんが、でも私みたいな人を増やしたくない
人を信じられなくなることは結局は自分も信じられなくなるということに繋がっていく
それって本当に悲しいことだし、辛くて苦しいことだと思います

平原綾香さんの『Jupiter』の歌詞に

夢を失うよりも悲しいことは自分を信じてあげられないこと

とあります

人を信じられないだけならまだ良いけど、自分を信じられなくなったら…

だめですね
今勉強しているのがこういうことだからすぐそういう思考になってしまう
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

つぶやき

私は人生のほとんどを音楽とともに生きてきたので、やっぱり音楽をやっている人は老若男女問わず応援したくなります
でも、やっぱり真に音楽をやっている人に限りますけどね。日本のプロのように仕事としてこなされてるのはちょっと違うかなと。そこが海外の演奏家との違いなのかもしれませんね
実力は伴わないのに、目と耳ばかり肥えてしまって、困ったもんです

Profile

HN:
音羽 響
性別:
女性
自己紹介:
これまでの人生の4/5を音楽とともに歩んできた、音楽をこよなく愛する養護教諭を目指す大学生
美しいものと美味しいものが大好きで常にそれらを探し回っています
趣味はピアノ、フルート、小説書き

New Entry

New Comment

[03/03 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[08/26 Yusuke]
[03/26 すとん]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Afternoon Tea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]