忍者ブログ

Afternoon Tea

養護教諭を目指すクラシック音楽をこよなく愛す妄想人間のブログ

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人のことはどうでもいい、人のことは無関心っていうのが私の性格です
聞こえは悪いかもしれないし、わざと悪いように言ってるんですけど、どちらかと言えばいい意味かなって思ってます

というのも、本当に人のことがどうでもよかったらそんなこと言わないし、本当に無関心だったらそんなこと感じる訳ないんです。それと同じように自分のことを親切だとか優しいとか、人のことをすごく考えるって言ってるのも本心じゃないんですよ。だって、本当にすごい人ってそんなこと自分から言わないんですよ。周りがすごいって言ってるだけの話で合って、本人にとってはそれが当たり前なんです。すごい努力してる人が「すごい努力してます」って言わないじゃないですか。全て一緒です。反論したい人もいると思いますが、マザー・テレサから羽生結弦まで自分すごいって言ってる人、見たことないんですけど、どうでしょうか

人のことが分かる訳なんかないんですよ。分かったと思うならそれは思い込みであって、分かる部分っていうのは表面的なことに過ぎない、そう私は思っています。だからこそ、憶測で相手に何かするのなんて嫌だし、本当に信頼されるなんてできないと思うんです。だから看護過程って嫌いなんですけどね。疾患しか見えてこないっていう先生もいて、それはとっても分かるんですけど、それ以上にこの人にどうするみたいなことを細かくケアプランを立てるのが、「何様?」って思ってしまうんです。確かに四六時中側にいてお世話するわけじゃないから、誰でも同じようにするためって言えば納得してしまいそうになります。でも、本当にその人が必要としていることかどうかって言うのは考えないんですよ。「この人にこうしてあげたい!」とか、「この人がこうなったらいい!」って考えて、それがその人もそう思っているって思ってしまうんですよね。そんなの偽善じゃないですか。私はそんなことしたくないし、私だったらされたくない。自分がされて嫌なことは人にはしないっていうのが私のモットーなので、嫌だって思ったことは人にはやらないように気を付けるし、嫌なことは嫌ってはっきり意思表明するようにしているんです。それが相手に不快な思いをさせてしまいそうだったらこういうところで書いたり、日記にしてみたり…

とにかく、偽善者にだけはならないようにしようって思っています。本当に相手のことを尊重したいし、ちゃんと相手に向き合いたいから、浅はかな判断や相手のことを分かった気になるのだけは絶対避けたいです。自分のことも全部知らないのに、相手のことを知るなんて、実際のところできないのに…
だからといって何もしないのではなく、知らないことを前提にすればいいと思っています。自分が知らないということを自覚して、絶対知った気にならないことを前提にすればいいと思うんです。相手のことを知るのにも、対話なんですよね。コミュニケーションとも言ったりするけど。コミュニケーションじゃない、対話なんです。真剣に相手に向き合うこと、それが対話だと思います。コミュニケーションなんて簡単に取れます。でも対話ってそう簡単にできるものじゃないんです。偽善から対話は生まれません。真剣に向き合うからこそ生まれるものが対話じゃないかなぁって思います
楽器に置き換えてみると、「楽器とコミュニケーションをとる」って何かすごく軽いノリじゃないですか(笑)
「楽器と対話する」ってすごく真剣な感じがすると思うんです。私だけでも良いんですけどね

そういうことだと思います
まぁ簡単によく考えずに横文字を使うなってことなんですけどね
日本語って奥が深いですし、漢字ってすごく簡潔に意味を的確に表現できるような気がしてます
だから偽善ってすごく嫌な言葉ですし、偽善って端的に言えば心がないってことじゃないですか。打算的というか、こうすればこうなる、みたいな

看護だって昔は「白衣の天使」なんて言われるくらいですから、そうだったのでしょう。でも、科学的思考へシフトしていくにつれて、その面は削がれて、理想とされてしまっているような気がします。データを集めて全体像を作って、明文化してみんなが同じことをする…
それに本当に心はあるのでしょうか。本当にその人のことを知ってるはずかないのに、平気で「この人はこうだから」って言い切ってしまうのを看護と呼ぶのでしょうか?
看護は人と人がつくるアート(芸術)だって言いますが、現状でもそう言えますか?

看護を例に取りましたが、別に看護だけじゃないと思います。こと日本人は親切で優しいって言われますけど、それって周りで人が騒がれると迷惑とか、騒ぎになったら面倒だっていう思いがあるんじゃないでしょうか?
全員、全部とは言いません。でも、そういうところはありますよね

私だってありますよ
だから、絶対しないんじゃなくてできうる範囲で努力しようって思ってます

まずは自分が自分と向き合わなければ他人と真剣に向き合うことなんてできないので自分に一生懸命、正直にいこうと思っています

だからちょっと不親切でもごめんなさい
心のこもらない親切は優越感しか感じず、自分が嫌になるんです
そういう人にだけはなりたくない
優越感で威張るような人にだけはなりたくない

無知の知
無用の用
情けは人の為ならず

偉人たちは本当に素晴らしい教訓を残してくれていますね
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

つぶやき

私は人生のほとんどを音楽とともに生きてきたので、やっぱり音楽をやっている人は老若男女問わず応援したくなります
でも、やっぱり真に音楽をやっている人に限りますけどね。日本のプロのように仕事としてこなされてるのはちょっと違うかなと。そこが海外の演奏家との違いなのかもしれませんね
実力は伴わないのに、目と耳ばかり肥えてしまって、困ったもんです

Profile

HN:
音羽 響
性別:
女性
自己紹介:
これまでの人生の4/5を音楽とともに歩んできた、音楽をこよなく愛する養護教諭を目指す大学生
美しいものと美味しいものが大好きで常にそれらを探し回っています
趣味はピアノ、フルート、小説書き

New Entry

New Comment

[03/03 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[08/26 Yusuke]
[03/26 すとん]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Afternoon Tea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]