忍者ブログ

Afternoon Tea

養護教諭を目指すクラシック音楽をこよなく愛す妄想人間のブログ

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


難解で意味不明、不協和音の連続で全く音楽ではないという意見を持つ方というのはとても多いのです。私もその一人ですし、それで別にいいんじゃないかとも思っています

西洋音楽の発展の産物として今の現代音楽があるのですが、その歴史は人の感覚としてとても受け入れやすいものだと思っています
和声を見つけ、それをハーモニーとして確立して調性を生み出し、それを破壊したわけですから、別に驚くようなものでもないですし、現代音楽はその破壊の先にある新たな音楽の創造を目指して様々な作曲家が模索している状態ともいえるのではないかなぁと思います

どんなことでも新しいことをやる時に大勢が理解を示して支持されてやるということはまずないのではないでしょうか?

いつの時代も「頭のおかしい人」が新しいことを発見してきたことは、歴史の勉強をすれば分かることだと思います。だから、現代音楽の作曲家が「頭のおかしい人」と言われるのは人間の当然の反応ですし、現代音楽が一般大衆に理解できなくて当たり前のことだと思います。今はそういう時期なのでしょうね。ただ、きっとそれを越えた先に何百年も発展し、広く人々に支持された西洋音楽のような新しい何かが生まれるんだと思います


という前置きはここまで

歴史を分析して、西洋音楽にフォーカスして見てみれば理論的にはそう結論付けられてこれからも未来に期待するとなるのですが、個人的には、現代音楽ってもう完成の域に入ってきてるんじゃないかなーと思います。それは、音楽という芸術の追及という面から見て、これまでの音楽を破壊したその時に、音を使って表現することについて様々なこれまでの枠組みを取り払って無限を表現しようとすること自体が新しい音楽表現として確立しているんじゃないかと思っています

ものすごく単純でばからしいと思われるかもしれませんが、私はそう思っています

現代音楽を語るということにおいて、極端な表現として、探求していること=未熟というような理論がなんとなく人の心の片隅に大前提としてあるような気がするのです。でも、それって、要するに既存の音楽の立場としての視点から現代音楽を捉えていることを意味するのではないかと思うのです

私は中学までは国語が得意で、歴史や公民が大好きだったので絶対文系だと信じていましたが、高校に入学した途端、数学の素晴らしさに気付いて最後まで理系でした。今も数学は大好きですし、数学の美しさを伝えていきたいと思っています。そんな中で、数学としては、「0」と「∞」は特別な意味があること、それから音楽とは高等数学であるということは有名な話ですよね。昔の教育史を勉強すると、数学や日本で言う国語などの基礎の上にある統合分野として、音楽を初めとする芸術は神に一番近い学問として全てを身に着けた限られた人が学べる特別なものだったということが分かります。ここでいう神とは「宇宙」、つまり、不変の真理を意味するのではないでしょうか。だから、音楽は音を用いてその探求をすることであって、その過程で和声の確立と破壊、その先にある現代音楽なのではないでしょうか。真理に近づけば近づくほど、宇宙に近づいていくわけで、理解できないというのは何とも普通のことだと思うんです

まぁそうですよね
人間の創造物で宇宙を表そうとするなら、それが宇宙を越えなければならないということになってくるのではないかと個人的に考えるのですが、取りあえず今はそれは無理ですから、難解で意味不明なものになって当然と言えば当然かもしれません

その中で、「0」と「∞」を発見してそれを共存させた数学というのはやっぱりすごい
そして、それを音楽として確立する現代音楽は面白いなと思うのでした

でももちろん、意味不明なので好きかどうか、好んで聴くかと言われたら疑問ですけどね(笑)








PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

つぶやき

私は人生のほとんどを音楽とともに生きてきたので、やっぱり音楽をやっている人は老若男女問わず応援したくなります
でも、やっぱり真に音楽をやっている人に限りますけどね。日本のプロのように仕事としてこなされてるのはちょっと違うかなと。そこが海外の演奏家との違いなのかもしれませんね
実力は伴わないのに、目と耳ばかり肥えてしまって、困ったもんです

Profile

HN:
音羽 響
性別:
女性
自己紹介:
これまでの人生の4/5を音楽とともに歩んできた、音楽をこよなく愛する養護教諭を目指す大学生
美しいものと美味しいものが大好きで常にそれらを探し回っています
趣味はピアノ、フルート、小説書き

New Entry

New Comment

[03/03 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[08/26 Yusuke]
[03/26 すとん]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Afternoon Tea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]