忍者ブログ

Afternoon Tea

養護教諭を目指すクラシック音楽をこよなく愛す妄想人間のブログ

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


導音は高めに…

それは特に気にしなくても何気無くやっていることだったから、改めて言われたり、言ったりすると、意外と色々なことをやっていることに気付きます。気持ち良いところで気持ちよく演奏をしているだけなのですが、その感覚は誰もが持っているものではないということを再認識します

そして、やっぱり私はクラシックの人間なんだなぁと

クラシックが偉いなんて誰が言ったんでしょうか?
クラシック音楽の感覚を持った人がいれば、ジャズやロック、ポップスなどの感覚を持った人もいます
もちろんクラシックだからと胸を張るのは大切だと思います。だからといって威張るのはお門違いだと思います。クラシックも数ある音楽ジャンルの1つですから

だけど、やっぱりクラシック音楽は基礎になりうると思いました。クラシック音楽を学んで何が良いか、団友の方と話したのですが、まず、フレーズが分かることが挙がりました。クラシック音楽ってすごく旋律を大切にするのでもちろん旋律については否応なしに学びますし、曲を通して身に付きます。それから、あまり不思議な和音はないことから音の構成が自然と身に付くことです。和音進行も最初の和音を聴けば何となく分かりますし、曲を聴いていて臨時記号の明暗も分かります

逆に学びづらいのはリズム感ではないでしょうか?
ロックやジャズのような張りのあるリズムってクラシックにはなかなかないと思います

世の中の音楽オタクって、何か履き違えてるんですよね。別にバンドが好きならそれで良いじゃんって思いますし、クラシックを高尚な音楽とか思いませんし、理論ばっかり振りかざす輩を見るとじゃあ実技どうぞって冷めちゃうし

要はハートなんですよね

ハートのない音楽なんて、間違えないから機械で十分。人間がやる意味ってやっぱりそこだと思うんですよね。だから理論を振りかざしてるだけで音楽できるって勘違いしてる人大嫌い!
技術だけなのに自分上手いとか思ってる人最低!

アマチュアで良いと思ってるけど、ちゃんと音楽と向き合って、心のある、魂のある演奏をしたいと思います

感覚だけでやるなっていう人がいますけど、まず大切なのは感覚であって、それを最大限生かせるように感覚だけではない根拠や理論をプラスしていくべきだと私は思います。だから最初は感覚を大切にしてほしいし、その後も大切に育んで欲しい
そこから豊かな人間性が生まれると信じてます

芸術って素晴らしい
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

つぶやき

私は人生のほとんどを音楽とともに生きてきたので、やっぱり音楽をやっている人は老若男女問わず応援したくなります
でも、やっぱり真に音楽をやっている人に限りますけどね。日本のプロのように仕事としてこなされてるのはちょっと違うかなと。そこが海外の演奏家との違いなのかもしれませんね
実力は伴わないのに、目と耳ばかり肥えてしまって、困ったもんです

Profile

HN:
音羽 響
性別:
女性
自己紹介:
これまでの人生の4/5を音楽とともに歩んできた、音楽をこよなく愛する養護教諭を目指す大学生
美しいものと美味しいものが大好きで常にそれらを探し回っています
趣味はピアノ、フルート、小説書き

New Entry

New Comment

[03/03 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[08/26 Yusuke]
[03/26 すとん]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Afternoon Tea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]