忍者ブログ

Afternoon Tea

養護教諭を目指すクラシック音楽をこよなく愛す妄想人間のブログ

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近先生の身勝手な言動がヒートアップしていて呆れ果てている響さんです

去年も勝手に決めて突然学生に連絡したら不満が噴出して大変だったのに、今回も懲りずに同じことをしてきましたよ。過去から学ぶってことを本当にしない上に、人の話は全く聞いていないということがバレバレで、流石の私ももう言葉がありません

せっかく、もっと話を聞いて欲しい、そういうことをしたら流石に困るんですよと伝えても全くの無視。というか、連絡も直前じゃなくて少し時間があればいいと思ってるようで…
そうじゃなくて、そういう大切な予定ならちゃんと最初に周知すべきでしょ。その最初っていうのは、学年最初のガイダンスのことであって、こういう時期のことは言っていないし、変更するならするで、ちゃんと学生の声に耳を傾けてから慎重にするべきというのは大人として当たり前だと思うんですけどねぇ。相手が学生だからとか、立場がとか、そんなの社会の普通。上司になんでもかんでも合わせる部下なんていないし、必要なら部下の意見にだって耳を傾けるでしょう。部下だから意見するなっていうのは古すぎるし、やっぱり立場に関係なく意見というものはあるものです。社会に出す責任があるというなら、ちゃんと社会というものを学生に教えてください。学生からそれはやっぱりおかしいんじゃないのという意見が出ているうちはやっぱり先生と言えど、謙虚な姿勢はなくてはいけないと思います

やっぱり、毎年決まった時期に行われるものは学年が始まる前でも大体のことは見当がつくと思いますし、大学生なら下宿している人もいます。就職のために地元へ戻ることなんて容易に想像がつきますし、それも教員採用試験となればバラバラではなく、そういう人は大体同じ時期に帰省するはずですよね。それも考えず、あっちこっちに次から次へと予定を入れ、変更を加えるのは失礼にも程があります

同じことをされたらあなたはどう思いますか?

少しでも嫌だと思ったら人はその何倍も嫌だと思っていると思って欲しいです
「自分がされて嫌なことは人にしない」というのは人としての基本だと思うのですが、いかがでしょうか?

こんなところで言ったって意味がないのは分かってるんですけどね
将来の自分が同じことを後輩や部下や教え子にしないよう、戒めとして


ここまで来ると、もう私は呆れ果ててため息しか出ません
私が思っていることは間違ってないし、寧ろ正しいというのは他の大人からのお墨付きです
だから、今まで「本当にそれが正しいのかもっと深く考えて」とか、「先生の言うことが全てではないから、明らかにおかしいと思ったら素直に従うべき」とか、たくさん言ってきたんです。先生にも何とかこちらの話を聞いて欲しくてたくさん関わって私の意見を伝えてきましたが、もうそれも今日で終わりです。最初は色々と話もしましたが、段々とこの人たち話を聞いてくれない上に私が悪いとばっかり言うし、というか話ちゃんと聞いてないよねと思い始めて、それが確信に変わり、何を言っても無駄だし、向こうはこちらの話を聞こうともしないであからさまな依怙贔屓ばかり。説明を求めても、「みんなそうしてきたから」の一点張りで納得のいく説明を聞くこともできません。もう何を言っても無駄だからなるべく関わらないようにして自分の道を進んでいこうと決めました。私の道を応援してくれる人の方が多いのだから、そういう人についていこうと

そう考えたら、

これって華菜美様じゃん(笑)

と一人吹き出しました
私の小説を読んだ人から、紗代先輩と華菜美様がとっても私に似ていると言われて、紗代先輩は分かるけど、華菜美様はどう見ても似てないって思っていたのですが、華菜美様の一面をしっかり持っていたんですね

コイツ信用できない

って思うとぱっと切り捨てて無関心、必要以上のことはしないし言わないし、とにかく自分の道をひたすら歩む。ただ、信用できてちゃんと自分を受け止めてくれる人には誠実に向き合う

完璧に華菜美様になりました(笑)
紗代先輩のような優しい素敵な女性になりたかったのだけど、華菜美様のような強くて凛とした女性になるのかしら。それもそれで良いかな

私は勉強の方はさておき、頭のいい人なんだと思います
自分で言うのもなんですけど(笑)
もちろんそれで損も得もしてます
その辺りも華菜美様と似ているのかもしれません

とにかく人のことはすごく観察しますし、広く色々な情報を瞬時にキャッチして無意識のうちに判断を下しているんです。自分ではごく当たり前のことでしたが、周りからはついていけないスピードであることを最近ようやく知りました。これまでは知らなかったので、周りを困惑させたりしてしまいましたが、それに気付いてからというもの、タイミングをよく見計らうようになりました。時には私が何も言わないこともあります。ただ聞いているだけ。まとまりそうでまとまらない時にやっと重い口を開くことも多くなりました。それが良いことばかりではもちろんありませんが、みんなのテンポに合わせて上手くやるには今のところそれしか方法を持ち合わせていません
そしてこれもまた思いっきり華菜美様ではないかと思うのです

もちろん、意見を求められれば答えますし、必要なら自分から発言もします
知りたいことがあれば自分からちゃんと聞きます。でもそれに対してちゃんと誠実に答えが返ってこなかった場合は…    さっと切り捨てます(笑)

もう思いっきり華菜美様路線まっしぐら
でも、華菜美様ほど頭は良くないのと、あれよりはまだまだ社交的な性格もあるので、少しは中和されてるのかなぁと思っていますが、まだまだでしょうね(笑)

みんなに怖がられている響さんです

怖くないってば(笑)

ただ、怖いというのもどうも見ていると一般的な「怖い人」というよりは、私が何でもできてしまう「すごい人」として怖がられているようです

間違えてるんじゃないか、できないから笑われるんじゃないかって怖くなる、そんな感じの怖さだそうです

間違えてたら「あ、違う」くらいで何にも思わないし、というか自分ができることが人もできるなんて思ってないし、自分ができないことで人ができることもたくさんあるし

人に何も求めていないと言えばそうかもしれません
でもそれはネガティブな意味ではなく、ポジティブな意味でそうなんです
できないから笑うというよりは、私を前にして慌てふためいて弁解みたいに「できないんです」っていうそっちの方が面白くて笑うだけ。できないなら素直にできませんって言えばいいのに(笑)
「そんなこともできないの?」っていう意味じゃなくて、「何してるの?」っていう意味。前者はまぁ相当基礎の基礎、当然できなければいけないことができないなら思うかもしれない。でもまず思わないし

本当に華菜美様のことを書いているみたいで面白いです

このままキャラを極めたら、華菜美様のようになれる…

わけないか(笑)
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

つぶやき

私は人生のほとんどを音楽とともに生きてきたので、やっぱり音楽をやっている人は老若男女問わず応援したくなります
でも、やっぱり真に音楽をやっている人に限りますけどね。日本のプロのように仕事としてこなされてるのはちょっと違うかなと。そこが海外の演奏家との違いなのかもしれませんね
実力は伴わないのに、目と耳ばかり肥えてしまって、困ったもんです

Profile

HN:
音羽 響
性別:
女性
自己紹介:
これまでの人生の4/5を音楽とともに歩んできた、音楽をこよなく愛する養護教諭を目指す大学生
美しいものと美味しいものが大好きで常にそれらを探し回っています
趣味はピアノ、フルート、小説書き

New Entry

New Comment

[03/03 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[03/01 横川美穂子]
[08/26 Yusuke]
[03/26 すとん]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Afternoon Tea --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]